事業案内

インケアの事業案内

■ がん共済・医療共済

  健康保険組合等の福利厚生制度受託企業として、主に東京地区の総合健康保険組合の福利厚生制度を担う企業として、所属事業所のご担当者を通じ、集団扱いの「がん保険」「医療保険」に特化した保険をご案内してまいりました。
  基本方針としては、集団先(健保組合)の事務作業等の負担がかからないで、被保険者と家族の皆様が保険内容を容易に把握できるように推進してまいりました。
更に必要な保障を適切に備えていただくために、シンプルな商品構成とオリジナル商品の設計に力を入れて、取り組んでいます。
 
  今後日本でますます進む少子高齢化は、将来における根本的な重要課題と認識され始めました。
健康保険組合と会社が加入員の健康増進を通じて健康経営を考える、いわゆるコラボへルスの考え方が重要視されるようになりました。社員が「安心して健やかに生きる」ために事業所の役割も増えてきました。
 
  そして健康経営優良法人(大規模及び中小規模法人部門)の認定制度が始まりました。
大企業中心(ホワイト500)から、さらに中堅中小企業に求められる時代がきております。
また定年延長と、高齢者の働く場と生きがいを長く持てるような視点も、企業には求められております。
  弊社は現在、中堅中小企業を中心に上場会社を含め、取引先事業所数は約6800社を超えております。
健康保険組合と事業所(会社)をつなぐ健康経営の情報提供の広報機能を担う会社として、従来より構築してきた知見とネットワークを、未来の社会を見据えた視点から発展させたく思います。
 
  今後も健保組合の事業所の皆様の要望が多様化するなかで、健保組合と事業所のこれらの課題を解決すべく、各健康保険組合様の事業所への良き保険と健康増進維持に寄与する情報を正確に提供するパートナーとして、 より強い信頼関係を築いてまいります。

 

■海外保養施設事業: HR(ハワイリフレッシュ事業)

  心の健康に関する対策(メンタルヘルス対策)が各健康保険組合の中で喫緊の課題として取り上げられてはいますが、施策としては専門家による相談窓口の設置、各人におけるストレス度現状把握、「心の健康」に関する講演・啓蒙活動等、まだまだ模索の状態が続いていると思われます。
 
弊社におきましては、「心のリフレッシュ」をテーマに総合健康保険組合様用としてハワイ保養施設事業をスタートし、既に4万人を超える方々にご利用いただき、無事故の運営を続けております。
健康保険組合と事業所(会社)のいわゆるコラボヘルス推進は、会社の健康経営への道すじとなり、企業と従業員の双方にとってこれからの重要な課題となる事が予想されます。 
 
  被保険者様の安心と健やかを求める視点から、これからもインケアは健康保険組合様のニーズに沿うサービスを提供していきます。
 

 

■余暇と文化活動支援事業

  忙しい現代人は効率と時間に追われ本来の自分を見る、自分が好きなことをする事が難しい状況となってきました。本来の自分のライフスタイルを考えるきっかけを、なるべく早く自分の生活の中で出会い生きがいの基礎になることを願ってます。

bsimg_01

bsimg_02

など弊社の関連会社ネットワーク内にお任せください。今後とも余暇と文化を考えるベースをご提供する所存でございます。